陰部 とびひ アクアチム軟膏

陰部のとびひにアクアチム軟膏を処方されました

ある日、陰部がかゆくて痛くてあかくただれてきました。

 

そこで、産婦人科に行こうか皮膚科に行こうかまよったのですが、産婦人科は混雑しているし、皮膚の専門でもないと思い、思いきって皮膚科に行くことにしました。

 

最初は陰部のことなので抵抗がありましたが、行ってみてよかったです。

 

そこで言われたのが「とびひ」でした。

 

まさか、こんなところにとびひができるなんて思ってもいませんでした。

 

自己判断でステロイド剤をぬったり、市販の軟膏なんぞぬらなくてよかったと思いました。

 

とびひということは、知らない間に陰部に雑菌が入ってしまったようです。

 

そこで処方されたのが、アクアチム軟膏1%でした。

 

 

アクアチム軟膏はクリーム状でのびもよく、なんの臭いもありません。

 

1日ぬっただけでだいたいの症状はよくなりました。

 

抗菌剤なので、菌を殺してしまえば、それで終了。

 

とびひが再発することもなく、無事に治りました。

 

とびひというのは、あしや腕にできるものだと思っていたので、思い切って皮膚科に行ってみてよかったなと思います。

 

また、恥ずかしいからといって医者に行かず、自己判断でステロイドなんぞぬっていたら、今頃は…とびひが広がって悪化して、恐ろしいことになっていたなと思います。

 

アクアチム軟膏、普段は使うことはありませんが、とびひができたとき、アクアチム軟膏を持っておけば医者に行かなくても、塗ればすぐなおるので安心感があります。

 

ただ、それはとびひだと確実になってからですけど。

 

とびひと湿疹、アトピーもちなので、区別がつきにくいんですよね。

 

とくに、陰部は皮膚が薄くて弱いので、デリケートな薬を使わなければなりませんし、まさか、アクアチム軟膏のようにちゃんと適応している薬があるとは思いませんでした。

 

とびひが治ってホッとしました。

 

(和歌山県 つきみだいふくさん)

 

>>アクアチム軟膏の購入先ははこちら