アクアチムローション 背中ニキビ

アクアチムローションは背中など広範囲に塗りやすいニキビの薬

学生の時、背中一面にニキビが出来てしまった時に、皮膚科で相談したところアクアチムローションを処方されました。

 

 

アクアチムローションの他にも抗生物質の内服薬も一緒に処方されたことを覚えています。

 

抗生物質もアクアチムローションも1日2回朝晩使用するように言われました。

 

背中一面にニキビが出来た理由は分かりませんが、範囲が広範囲であることと、ニキビ1つ1つが小さかったためクリームや軟膏をピンポイントに塗るのが大変だったこともあり、アクアチムローションを出しておこうと先生はおっしゃっていました。

 

確かに実際、アクアチムローションを使ってみて、背中に自分で薬を塗るとなると、クリームや軟膏よりもこのローションタイプの方がかなり塗りやすかったです。

 

当時学生で家族と離れて1人暮らしをしており、背中にニキビの薬を塗ってくれる家族が近くにいませんでしたし。

 

ただ背中など広範囲に液体の薬を塗らないといけないのは大変だと思いました。

 

クリームや軟膏でも結局は同じなのかもしれませんが、アクアチムローションが乾くまで服を着れないので朝の時間がない時は大変でした。

 

その分早起きしたらいいだけですが。

 

そしてこの時期は初夏だったので良かったのですが、真冬とかに乾くまで服を着ないで待っておくのはとても寒そうだと思いました。

 

しかし、そんな背中のニキビもアクアチムローションを使用するようになって1週間程度で治ってしまいました。

 

いきなり大量にニキビが発生し、びっくりして皮膚科に駆け込んだので、放置していたらどの程度長引いたのかとかもっとひどくなったのかとか、または薬を使わなくても同じくらい1週間ですぐに治ってしまったのかはわかりませんが、ニキビ痕も残らず綺麗にすぐに治ったので、アクアチムローションを使用して良かったと思っています。

 

ニキビの薬も塗りにくいなど使いづらいと使用するのを忘れたりしやすいと思うので、部位や範囲によってクリームかローションか選べて良かったです。

 

(長崎県 えんどれすらぶさん)