ニゾラールクリーム市販

ニゾラールクリームを市販で購入する方法!

ニゾラールクリームは市販されておらす、薬局やドラッグストアで購入することはできません。楽天やアマゾンでも購入することはできません。購入できるのはオオサカ堂などの個人輸入代行サイトです。

 

 

商品名:ニゾラルクリーム(NizoralCream)2% 【1本30g】
内容量:1本30g
発送方法:国際書留郵便
在庫場所:シンガポール発送】約5〜10日 獲得可能ポイント:2〜190ポイント
販売価格:1本 1,898円 ($16.50)
       2本 3,199円 ($27.80)

 

>>ニゾラールクリームが購入できる通販サイトはこちら

 




 

脂漏性皮膚炎を発症しニゾラールクリームを処方してもらった

私は現在41歳の男性会社員ですが、10年ほど前に脂漏性皮膚炎を発症しました。

 

脂漏性皮膚炎が最初に出たのは鼻翼周辺です。

 

最初は鼻の横が妙に赤くなってるってぐらいの認識だったのですが、これが全然治りません。

 

そのうち目の下の頬の辺りの皮膚にも赤みが出来たり、両眉毛の間のTゾーン部分にも赤みが出るようになりました。

 

この頃になると鼻翼部分の赤みが強くなってきて、さらに赤みのある部分から皮膚がポロポロと落ちてくるようになったんです。

 

ここまでなると清潔感も失われますし外見的な問題も出てきたので皮膚科で診察してもらいました。

 

先生からは脂漏性皮膚炎だと診断され、ニゾラールクリームを処方してもらいました。

 

赤みが出たらこの薬が塗るようにし、大量に塗らずに少しだけ手にとってこれを薄く塗り広げるように言われました。

 

とくに少量をとにかく塗り広げる、これを何度も注意されました。

 

先生の指示通り、少量を薄く塗布したんですが効果はものすごくありました。

 

真っ赤になってた鼻翼部分も翌日にはピンクぐらいまで色が戻りましたし、その翌日にはさらに普通の肌色に近くなりました。

 

大体4日目ぐらいでほぼ通常ぐらいまで戻ってました。

 

頬やTゾーンは鼻翼よりも赤みが薄かったのもあり、鼻翼部分より先に治ってました。

 

ただ、問題なのはこれで完治しなかったということです。

 

鼻翼やTゾーンに赤みを感じたら塗る、これで赤みや炎症を抑えることは出来るんですが再発は防げないんです。

 

毎日ではありませんが、週に数回塗布しないといけないので処方してもらったニゾラールクリームはすぐ無くなりました。

 

とはいえ、ニゾラールクリームがないと脂漏性皮膚炎を抑えることが出来ませんし10年後の現在も皮膚科に行ってニゾラールクリームの処方をしてもらってます。

 

薄く塗布してるのが良いのか、幸い副作用はありませんし臭いもありません。

 

ただ、これからもずっとニゾラールクリームを使わないといけないと考えると気が重いです。